昭和40年の台風23号・24号

災害年月日
1965年09月13日
市町村
徳島県阿波市(土成町)
災害種類
風水害  
概要
昭和40年(1965)9月13日から17日まで、台風23号及び台風24号により、九頭宇谷川は増水し危険になったため、土成町では役場に水防本部を設置して、地元の消防団員や住民などにより土のうで補強したり、しぶし(木流し)を入れて堤防を守った。この結果、堤防は決壊を免れたが、荒廃は甚だしく、土のうを積むなどの応急措置をした。かますは水防用として600袋ほど常備していたが、とても足りずに、土成農協や川島土木事務所から取り寄せたり、小松島市の倉庫まで取りに行くなどの苦労をした。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土成町史編纂委員会編「土成町史 上巻」(土成町史編纂室、1975年)、403-405頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 九頭宇谷川 水防本部 堤防補強 しぶし
NO.
徳島3915

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により断続的に多量の降雨があった。長尾町では水防態勢を強化して活動したが、各所で堤防が損傷し、... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

image

昭和36年(1961)9月15日より16日にかけて、第二室戸台風は480ミリを越える雨量をもたらした。九頭宇谷川の翫城地橋地点では水位が2.4mと警戒... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日から13日まで、台風17号により大雨が降り、寒川町では床上浸水191戸、床下浸水627戸に及んだ。地蔵川、栴檀川が決壊し... 続きを読む

昭和34年の伊勢湾台風

昭和34年(1959)9月26日、伊勢湾台風が来襲し、土成町では明治以来最大の水害が発生した。九頭宇谷川の翫城地橋下流の左岸堤防200mが決壊し、濁流... 続きを読む

天和3年の洪水

天和3年(1683)6月20日、物部川は大洪水となり、川筋の小田島から南へ久枝の付近まで立家は全部流失した。このため、山田島は東岸の片地村林田のうち、... 続きを読む