元禄15年の洪水

災害年月日
1702年00月00日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  
概要
元禄15年(1702)、大洪水により、田畑が流失した。本根川の田畑のうち約2割が流失したようである。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上分上山村誌編集委員会編「上分上山村誌」(上分上山村誌編集委員会、1978年)、108-109頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 本根川
NO.
徳島3922

よく似た災害

元禄5年の洪水

元禄5年(1692)、勝浦川は砂川と化し、低地の田畑山林が流失したとの伝説あり。 続きを読む

元禄5年の洪水

元禄5年(1692)、勝浦川は砂川と化し、低地の田畑山林が流失したとの伝説あり。 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)7月7日朝より翌朝まで大雨が降り、勝浦郡では洪水により流家何百軒か数知れず、死人は田野浦村だけでも50人ほどもいたようである。徳... 続きを読む

延宝9年の洪水

延宝9年(1681)、大洪水により大野の中坪免、新開免、畑方免、奥畑免などの田畑が流失したため、郡奉行林亦兵衛と篠原四兵衛をはじめとする代官などが現地... 続きを読む

元禄14年の洪水

元禄14年(1701)、10日余りも雨が降り続き、吉野川の大洪水のため、舞中島の全戸が流失した。(宮崎淳) 続きを読む