昭和13年の台風

災害年月日
1938年09月05日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  
概要
昭和13年(1938)9月5日、台風が室戸岬方面から本県中央部を通過したため、北東の強風に加えて10m先も見えないほどのしのつく雨が降った。山津波が吹き出し、水が噴出して、上山街道は寸断され交通は途絶し、川又のまちにも洪水が溢れた。村内の被害は、死者男3人、女1人、行方不明男1人、女1人、住家の流失48戸、全壊6戸、半壊57戸、田流失・埋没27町歩、畑流失・埋没43町歩、山林崩壊85町歩等に及んだ。この時村長はわらじばきで山を歩いて徳島に至り、惨状を知事に訴えて援助を要請した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
上分上山村誌編集委員会編「上分上山村誌」(上分上山村誌編集委員会、1978年)、362-364頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 強風 豪雨 交通途絶 死者
NO.
徳島3928

よく似た災害

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月10日、阿久根台風により、田畑流失・埋没719町歩、宅地流失・埋没338町歩等被害多数。(重信川水系の主な災害による) 続きを読む

昭和24年のデラ台風

昭和24年(1949)6月21日、デラ台風により、四国は大暴風に見舞われた。愛媛県の総降水量は100~200ミリ程度であったが、風力が強く、海上及び沿... 続きを読む

昭和20年の阿久根台風

昭和20年(1945)10月8日、阿久根台風により大雨400ミリを超える。田畑の流失・埋没719町歩。村内で表川決壊、橋梁流失、道向・吉久の水田流失。... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、16日、大洪水が発生し、三原村は有史以来の大災害を受けた。被害は死者19人、負傷者15人、牛馬の圧死4頭、流失2頭、住... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月14日、台風12号により、重清村では中島地区を中心に、住宅の全壊7戸、半壊9戸、流失3戸、床上浸水139戸、水田流失3町歩、... 続きを読む