昭和16年8月の台風

災害年月日
1941年08月15日
市町村
徳島県神山町
災害種類
風水害  
概要
昭和16年(1941)8月15日、台風により、村内で水路の決壊・埋没及び耕地の埋没・流失等の被害が出た。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
下分上山村誌編集委員会編「下分上山村誌」(下分上山村誌編集委員会、1961年)、329-330頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風
NO.
徳島3932

よく似た災害

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、道路決壊、がけ崩れ、耕地の流失等の災害を受けた。山城町の降雨量は628.5ミリであった。 続きを読む

昭和6年の豪雨

image

昭和6年(1931)9月18日、豪雨のため山津波が生じ、伊豆川、森庄川、丹波川、吉田川などほとんどの河川が全滅した。このため、死者5人、家屋の流失・半... 続きを読む

昭和6年9月の大雨

image

昭和6年(1931)9月17日午後から、低気圧のため大雨となり、総雨量は130ミリに及んだ。18日には小豆郡で豪雨があり、河川が氾濫し、福田村では死者... 続きを読む

昭和18年7月の豪雨

昭和18年(1943)7月22日朝から降り始めた雨は激しくなり、23日には水嵩3mを超す大洪水となった。被害状況は、上川地区では県道の崩土5箇所崩壊8... 続きを読む

嘉永元年の台風

嘉永元年(1848)秋、台風、洪水により、東青木堤防が30間決壊し、耕地1町歩流失した。また、郷東本村の堤防が60間決壊し、耕地20町歩、民家2戸流失... 続きを読む