安政4年7月の台風

災害年月日
1857年08月20日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
安政4年(1857)7月1日、大風により、池田で倒れた家が10軒以上もあったという。足代村の教法寺の過去帳によると、7月朔日朝9ツ時まで大風につき、センダンの木、本堂、鐘堂が倒れ、足代村で数戸の家屋が倒れたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
三好郡役所編「三好郡志」(名著出版、1972年)、950頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 教法寺
NO.
徳島4060

よく似た災害

安政4年8月の大水

安政4年(1857)8月朔日朝5ツ時まで、大雨と風が強く、吉野川は50年来の大水と言われた。足代村の名見(妙見)の往還には水が2尺程乗った。(教法寺の... 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日四ツ時(午前10時)から降り出し、8月朔日朝四ツ時まで大雨が続いた。八朔水と言われる。 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4ツ時から吹き出して、8月朔日朝5ツ時まで大風雨が打ち続き、50年来の大洪水ということから「八朔水」と言い伝えられている... 続きを読む

安政4年7月の風雨

安政4年(1857)7月29日4ツ時から吹き出して、8月朔日朝5ツ時分まで、大風雨が打ち続き、50年来の大洪水となった。「八朔水」という。中村浜側から... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震。5日7ツ時(午前4時)より夕方まで何度も地震。6日9ツ時まで大小4回地震。7日朝よりゆうまで6、... 続きを読む