文政12年の洪水

災害年月日
1829年00月00日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
文政12年(1829)、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、「口碑によれば七日七夜降りつづき、処々に山津波が起こり馬路川の井堰はことごとく決壊し翌春はあゆが佐野までさかのぼった」という。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
佐馬地村教育会編「佐馬地の姿」(佐馬地村公民館、1951年)、16頁及び18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 佐馬地川 馬路川洪患志
NO.
徳島4069

よく似た災害

文政12年の洪水

文政12年(1829)、馬路川で大洪水。この大洪水を「丑年大流れ」と言い伝えている。口碑によれば、七日七夜降り続き所々に山津波が起こり、馬路川の井堰は... 続きを読む

慶応2年の台風

慶応2年(1866)、馬路川で大洪水。佐野で数戸が流失した。馬路川の井堰は悉く流れて、翌春に若鮎が佐野まで遡上した。(「馬路川洪患志」による) 続きを読む

享保9年の洪水

享保9年(1724)8月14日の大風・洪水、22日~23日の大暴風・洪水により、河川・海岸の堤防はことごとく決壊して、田畑は一面海のようになり、山は崩... 続きを読む

文禄4年の地震

image

文禄4年(1595)7月、壬生川の鶴岡八幡の社殿がことごとく陥没す。真偽不明。 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、名西郡、海部郡で大地震があり、田地ことごとく割れ、石垣崩れ、みぞことごとく崩れ、地震後4月18日まで住民は山林... 続きを読む