大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月23日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月23日、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、23日午前3時より午前5時頃まで大降雨、前夜から23日朝まで大風のため、田畑、宅地の流失・埋没は数十町歩に及び、その他の損害も非常に大きかったという。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
佐馬地村教育会編「佐馬地の姿」(佐馬地村公民館、1951年)、17-18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 佐馬地川 馬路川洪患志
NO.
徳島4076

よく似た災害

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日午後4時頃から23日午前5時頃までの豪雨により、雨量は300ミリに及び、県下至る所で出水、河川の増水、堤防決壊、橋や人家... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む

昭和13年の洪水

昭和13年(1938)9月5日、佐馬地川で大洪水。馬路川洪患志によると、5日午前10時過ぎ、台風が徳島県南部に上陸し、徳島市西方を通って北に抜けたため... 続きを読む

明治25年の洪水

明治25年(1892)7月26日、洪水により、右岸堤防3丁決壊、家屋流失3戸、死者1人、原野・畑の流失合計数十町歩。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月23日、土器川堤塘決壊4箇所57間、排水堤塘決壊4箇所100間。22日午前9時頃より浸水し始め、23日午前1時には土器村の8~... 続きを読む