大正12年の落雷

災害年月日
1923年08月17日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
その他(落雷)  
概要
大正12年(1923)8月17日午後4時40分、三縄村で大雷雨あり、四宮神社に落雷した。(「徳島毎日新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 中巻」(池田町、1983年)、202頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
落雷 四宮神社 徳島毎日新聞
NO.
徳島4089

よく似た災害

大正4年7月26日の落雷

大正4年(1915)7月26日16時頃、香川県下の数箇所に落雷した。(気象庁「気象要覧」による) 続きを読む

明治36年の落雷

明治36年(1903)8月15日、大雷雨があり、斗賀野村狩場の家屋に落雷し、縁側で遊んでいた子が感電死した。 続きを読む

昭和57年8月の落雷

昭和57年(1982)8月9日14時頃、徳島市内を中心に激しい雷雨があり、高圧線トランス等に落雷した。徳島市内では6,800戸が停電し、信号機17箇所... 続きを読む

昭和57年8月の落雷

昭和57年(1982)8月9日14時頃、徳島市内を中心に激しい雷雨があり、高圧線トランス等に落雷した。徳島市内では6,800戸が停電し、信号機17箇所... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月23日、暴風雨のため吉野川大洪水。(「徳島毎日新聞」による)徳島毎日新聞には、吉野川と飯尾川の氾濫がひどく、北井上村あたりでは... 続きを読む