昭和10年の豪雨

災害年月日
1935年09月22日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和10年(1935)9月22日午後2時頃、過日来の豪雨のため、土讃線池田・三縄間の丸山トンネルで約15坪が崩壊した。幸い列車の通過時でなかったので、被害はなかった。(「徳島毎日新聞」による)また、9月23日午後4時頃、佐馬地村大字佐野字根引の道路が崩壊し、交通途絶になった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 中巻」(池田町、1983年)、204頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 土讃線 丸山トンネル崩壊 道路崩壊 徳島毎日新聞
NO.
徳島4094

よく似た災害

大正12年の落雷

大正12年(1923)8月17日午後4時40分、三縄村で大雷雨あり、四宮神社に落雷した。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、葉煙草で旱害。(「徳島毎日新聞」による) 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月23日、暴風雨のため吉野川大洪水。(「徳島毎日新聞」による)徳島毎日新聞には、吉野川と飯尾川の氾濫がひどく、北井上村あたりでは... 続きを読む

室戸台風

昭和9年(1934)9月21日、室戸台風による被害。(「徳島新聞」、「徳島毎日新聞」、「浦庄村水害報告書」による) 続きを読む

明治25年の保勢の崩壊

image

明治25年(1892)7月25日午後2時頃、保勢が崩壊して、海部川を堰き止めた。崩壊により北岸の山麓にあった3家族11人及び山稼ぎ36人、馬3頭が家屋... 続きを読む