昭和26年10月の台風

災害年月日
1951年10月17日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
昭和26年(1951)10月17日、台風により、山城谷村と三縄村を中心に被害が出た。三縄村では民家のほか、役場隣の公会堂が倒壊し、仙石橋、山貝橋(いずれもつり橋)が吹き飛ばされ、各小学校の屋根瓦・窓ガラスも大きな被害を受けた。(「徳島新聞」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
池田町史編纂委員会編「池田町史 中巻」(池田町、1983年)、533-534頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 徳島新聞
NO.
徳島4100

よく似た災害

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、洞爺丸台風により、本山小学校の講堂が倒壊し、豊中中学校の校舎の屋根がたる木ごと吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和49年の竜巻

昭和49年(1974)4月7日午前11時頃、今久保で竜巻が発生し、民家の屋根が吹き飛ばされ、タバコ乾燥室が倒壊した。 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む

昭和49年4月の竜巻

昭和49年(1974)4月7日11時頃、西祖谷山村で竜巻が発生し、民家の屋根やタバコ乾燥室が吹き飛ばされた。 続きを読む