大正元年の洪水

災害年月日
1912年09月21日
市町村
徳島県三好市(池田町)
災害種類
風水害  
概要
大正元年(1912)9月21日より豪雨となり、22日に大水となる。各地で道路等の崩壊、橋の流失等が多く、漆川街道の被害は格別であった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三縄村史編集委員会編「三縄村史」(三縄村史編集委員会、28頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 豪雨 漆川街道
NO.
徳島4125

よく似た災害

大正12年の洪水

大正12年(1923)7月11日、連日の降雨のため、吉野川は増水し、白地渡船場で午後12時に1丈9尺を記録した。被害は山城谷村字猫坊付近の国道の崩壊1... 続きを読む

大正4年8月の台風

大正4年(1915)8月4日~5日、台風のため、丸亀では土器川が増水し、堤防が決壊して一面海となった。また、下善通寺では堤防護岸の崩壊、橋の流失等の被... 続きを読む

大正元年9月の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、県内では約40時間降雨が続いた。このため、河川は増水氾濫して大水害を起こし、人畜の死傷、田畑の流失... 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月21日朝から大雨が降りしきり、強風も加わり、夜になって雨はますます激しくなった。郡内の山々から滝のように水が流れ、河川が氾濫し... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日夜、台風が土佐室戸付近に上陸、徳島県東部を通過、淡路より近畿西部に入った。佐馬地村では21日午後3時頃から23日午前5時... 続きを読む