明和9年の洪水

災害年月日
1772年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
明和9年(1772)、大洪水のため、藩士も俸禄の半分を3年間支給できない有様となった。「メイワク」の年という語呂を忌んで安永と改元した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1034頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 改元
NO.
徳島4256

よく似た災害

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む

明和9年の洪水

明和9年(1772)春から夏にかけて長雨が続き、世に「辰の洪水」と言われる。8月の大風、洪水により、19,000余戸倒壊、大樹倒れ、郡内の堤防の決壊が... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日朝、少々震り出し、5日7ツ時には大震りとなり、5ツ半頃には前代未聞の大震となった。翌月12月13日に安政と改元となったが... 続きを読む

明和2年4月の洪水

明和2年(1765)4月、洪水により、麦枯死。酉の年の大水という。(「勝浦郡誌」による) 続きを読む

宝暦12年の豪雨

宝暦12年(1762)8月、豪雨が続き、蒼社川や頓田川等が決壊し、大災害の年となった。 続きを読む