明治32年7月の台風

災害年月日
1899年07月09日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
風水害  
概要
明治32年(1899)7月9日、暴風雨、大洪水により、加茂村で流失家屋6戸、浸水家屋100戸、下郡で流家500戸、溺死者150人に及んだ。7月28日に、徳島県知事李家祐二が水害視察。(「大西夘平日誌」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1039頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 洪水 加茂 死者 大西夘平日誌
NO.
徳島4280

よく似た災害

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月29日、大洪水により、加茂村で流失家屋2戸。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

明治27年の台風

明治27年(1894)9月11日、暴風雨により、加茂村で倒家4戸。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

明治38年の落雷

明治38年(1905)8月13日、落雷により、納屋1棟焼失。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

明治27年6月25日の大雨・落雷

明治27年(1894)6月25日、大雨、雷鳴あり、各所に落雷。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む

明治27年6月26日の大雨・落雷

明治27年(1894)6月26日、大雨、各所に落雷。居宅1棟焼失。(「大西夘平日誌」による) 続きを読む