元治元年の火災

災害年月日
1864年00月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
火災  
概要
元治元年(1864)、加茂の稲持から出火し、強い西風にあおられて、貞広、金川まで延焼し、20数戸が焼失したと言われている。(伊原正市談による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1045-1046頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
火災 加茂
NO.
徳島4301

よく似た災害

元禄元年の火災

元禄元年(1688)正月26日夜、大工町から出火し、西船場まで延焼し、翌朝鎮火した。家数261軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

貞享2年の火災

貞享2年(1685)3月26日夜、新町から出火し、翌日、淡路町(現在の秋田町付近)まで延焼し、家数467軒が焼失した。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

万治元年の火災

万治元年(1658)正月10日申刻(午後4時頃)、東富田で発生した火災は、蜂須賀家の中屋敷をも焼失したと言われている。(「阿淡年表秘録」による) 続きを読む

寛保2年の火災

寛保2年(1742)1月12日夜、浮津から出火し、室津浦に延焼した。この火事で、浮津170軒、室津112軒が焼失した。 続きを読む

昭和4年の火災

昭和4年(1929)2月1日、奈半利東浜で58戸が焼失した。 続きを読む