明治10年の枇杷橋筋の大火

災害年月日
1877年11月00日
市町村
徳島県東みよし町(三加茂町)
災害種類
火災  
概要
明治10年(1877)11月、加茂の枇杷橋から新宮神社まで20余軒が延焼し、容易に鎮火しないため、地域の人が琴平神宮にはだか参詣をしたという。(辺見夕子談による)また、新宮神社由緒沿革記には「明治十年十一月の大火により、社殿、古記にいたるまで悉皆焼失、同十二年再興す」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三加茂町史編集委員会編「三加茂町史 復刻版」(三加茂町、2006年)、1046頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大火 枇杷橋 新宮神社 琴平神宮 新宮神社由緒沿革記
NO.
徳島4306

よく似た災害

天文2年の地震

image

天文2年(1533)、地震と高潮により、新居郡洲之内村字矢倉下にあった橘神宮神社が潰没し、同年今の地に遷宮した。(「伊予温故録(橘新宮神社記」による)... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日、5日に地震が発生し、その後翌年1月まで余震が続いた。野根浦大庄屋安岡家に伝わる「嘉永七年十一月四日寅大変日記覚」には、... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震の後、津波が襲来した。上岡八幡宮の参道入口にある津浪の碑には「嘉永七年寅十一月五日大地震地所よりしつみ浦々人家流... 続きを読む

大正5年4月24日の火災

大正5年(1916)4月24日、槙野々の大火で、7戸全焼。二宮神社も焼失。(「大野見村史」による) 続きを読む

明治27年の大火

明治27年(1894)5月、富田浦町字大道で大火、全焼71戸、半焼8戸。(「警察沿革史」による) 続きを読む