文政12年の洪水

災害年月日
1829年08月15日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
文政12年(1829)7月16日より雨が降り出し、17日7ツ時より大雨で、18日には山々の谷水が大洪水となり、百姓難儀この上なし、当国のみならず讃州、予州も同じ。その後、検見役人は所々へ作柄を見るために出張している。(三好町の「教法寺過去帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、285頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 大雨 教法寺過去帳
NO.
徳島4313

よく似た災害

宝永元年の台風

image

宝永元年(1704)7月晦日から東中筋村は暴風雨となり、4日、17日と三度の洪水となった。この年の検見(役人がその年の作柄から年貢を決めること)に際し... 続きを読む

文政5年の干ばつ

文政5年(1822)、大干ばつ。農作物の検見なし。 続きを読む

文久3年7月の洪水

文久3年(1863)7月3日、出水、中須賀残らず入る。7月14日、出水、中塚東の地、南の地みな入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

慶安2年の地震

image

慶安2年(1649)2月2日、安芸・伊予地震(M7.0)により、大洲城のみならず、松山城、宇和島城の石垣が崩壊した。大洲城の本丸天守台、二之丸、三之丸... 続きを読む

文政9年の洪水

文政9年(1826)、総社川が大洪水のため、所々で土手が切れ多大の被害をもたらした。 続きを読む