慶応2年の洪水

災害年月日
1866年09月13日
市町村
徳島県東みよし町(三好町)
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)8月5日より7日まで大雨となり、近年中の大水となる。領内の死者26,700人余、牛馬600匹死。(「教法寺過去帳」による)
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、286頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 洪水 死者 教法寺過去帳
NO.
徳島4321

よく似た災害

嘉永2年7月の洪水

嘉永2年(1849)7月、40年来の大水のため、郡代所内で死者250人。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

嘉永6年の洪水

嘉永6年(1853)、増谷川大水により、溺死者が出て、40軒流出。(「教法寺過去帳に見る幕末の世情」による) 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日、11日、大風雨。40年来の大洪水で、山分は大風で、作柄大損害。徳島でも大水で死者は夥しい。三好郡代所には250人の死亡... 続きを読む

天保14年の洪水

天保14年(1843)8月15日~9月25日、大雨続きで前代未聞、徳島の富田、寺町で大水のため3,500人ほど溺死(「教法寺過去帳」による) 続きを読む

安政4年の洪水

安政4年(1857)7月29日4つ時分より8月1日朝5ツ時分までことのほか大風雨となり、吉野川は50年以来の大水である。(「教法寺過去帳」による) 続きを読む