明治40年の大雨

災害年月日
1907年09月04日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
明治40年(1907)9月4日、大雨により、28尺(約8.5m)の増水。交通途絶、音信不通。三野町では家屋が浸水した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、444頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 交通途絶
NO.
徳島4336

よく似た災害

明治40年の洪水

明治40年(1907)9月4日、大雨、28尺(8.5m)の増水。交通途絶、音信不通。(「吉野川事典」、「馬路川洪患志」、「辻風土記」、「三好郡志」等に... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、洪水により、伊野町が湖水と化し、1,123戸が浸水した。伊野町電車地点の道路浸水位5尺(約1.5m)。(仁淀川の主な... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)、台風17号により、四国中部では1,000ミリの降雨があり、三野町では田35ha、畑40haが浸水し、道路84箇所、農業施設29... 続きを読む

明治44年の洪水

明治44年(1911)8月15日、仁淀川の洪水により、伊野町は湖水と化し、1,123戸が浸水した。伊野町電車終点の道路の水位は5尺となった。(「伊野史... 続きを読む

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月12日から25日にかけて、台風13号、熱帯低気圧、台風15号により、高知県では連日の大雨となった。須崎市では15日午後零時2... 続きを読む