大正14年の洪水

災害年月日
1925年09月17日
市町村
徳島県三好市(三野町)
災害種類
風水害  
概要
大正14年(1925)9月17日、吉野川上流で600ミリ/日の豪雨のため、吉野川、井内谷川が氾濫し、徳島発の下り終列車が赤坂鉄橋(辻駅)の前で転覆脱線した。死傷者なし。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
新編三野町史編纂委員会編「新編 三野町史」(三野町、2005年)、573頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 吉野川 井内谷川 列車転覆
NO.
徳島4349

よく似た災害

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、吉野川、井内谷川氾濫。徳島線下り終列車が井川町赤坂鉄橋の手前で転覆脱線、死傷者なし。吉野川上流で600ミリ/日の豪雨... 続きを読む

大正14年の洪水

大正14年(1925)9月17日、吉野川、井内谷川が氾濫し、教護活動をしていた折、徳島発の下り終列車が赤坂の鉄橋にさしかかる手前で崩壊の土塊に乗り上げ... 続きを読む

昭和42年の集中豪雨

昭和42年(1967)7月9日、集中豪雨により、波方町、関前村、宮窪町などで9人の死者があり、田尻で汽車が脱線して不通となった。 続きを読む

大正元年の洪水

大正元年(1912)9月22日~23日の台風により、吉野川は脇町で増水35尺5寸の前例のない大洪水となった。阿讃山脈では無数の山崩れが起こり、各渓谷で... 続きを読む

平成12年1月の大雪

平成12年(2000)1月26日~27日、大雪となった。27日9時の積雪は東祖谷山村京上16cm、徳島市3cm、池田2cm、上勝町福原旭2cmを観測し... 続きを読む