仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日、地震により、五畿七道で被害が発生した。京都で諸司の舎屋及び民家の倒壊が多く、圧死者多数。津波が沿岸を襲い、溺死者多数。余震多く一ヶ月続いた。阿波の被害記録なし。(宇佐美龍夫「新編日本被害地震総覧」による)鵠地区でも甚大な被害があったと思われる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鵠津波を語り継ぐ会編「地震津波体験の記録 恐怖の大津波」(鵠津波を語り継ぐ会、2003年)、64頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
仁和地震 死者 津波 新編日本被害地震総覧
NO.
徳島226

よく似た災害

承徳3年/康和元年の地震

承徳3年/康和元年(1099)1月24日、地震により、土佐では田千余町がみな海に沈む。阿波の被害記録なし。(宇佐美龍夫「新編日本被害地震総覧」による)... 続きを読む

白鳳13年の地震

天武13年(684)10月14日、歴史に記録された最初の南海トラフ系の巨大地震が起こった。山崩れ、河湧き、諸国の百姓倉、寺塔、神社の倒壊多く、人畜の死... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、ほぼ同時に2つの地震が起きたとみられ、津波は犬吠岬から九州に至る太平洋沿岸を襲った。阿波鞆浦では波高10丈(約30m... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む