昭和59年1月30日の大雪

災害年月日
1984年01月30日
市町村
徳島県
災害種類
雪害  
概要
昭和59年(1984)1月30日~31日、低気圧が四国の南岸を通ったため、大雪が降った。31日14時の積雪は池田38cm、穴吹31cm、徳島18cmであった。31日は交通網が大混乱し、鉄道は朝8時過ぎから運休や遅延が出たほか、バスは徳島バス牟岐営業所管内でわずかに営業できただけで他は全面停止し、飛行機は午前中全面運休した。農業関係では阿南市のニンジンのビニールハウスが壊滅的な被害を受けた。学校は小学校、中学校、高校が全面休校や途中で授業を中止するなど、臨時休校が相次いだ。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
徳島地方気象台編「徳島県自然災害誌」(徳島県、1997年)、300-301頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雪 低気圧 交通混乱 臨時休校
NO.
徳島4921

よく似た災害

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む

昭和51年1月22日の大雪

昭和51年(1976)1月22日~23日、寒波により県西部を中心に断続的に雪が降り、山間部のバスは大きく乱れ、運休などで小・中学校では臨時休校するとこ... 続きを読む

昭和48年12月24日の大雪

昭和48年(1973)12月24日、寒波に見舞われた。24日9時の積雪は徳島3cm、穴吹4cm、鳴門3cm、一宇17cm、京上13cmとなった。このた... 続きを読む

昭和48年12月24日の大雪

昭和48年(1973)12月24日、寒波に見舞われた。24日9時の積雪は徳島3cm、穴吹4cm、鳴門3cm、一宇17cm、京上13cmとなった。このた... 続きを読む

昭和48年12月7日の大雪

昭和48年(1973)12月7日、寒波の来襲で雪となり、山間部では臨時休校、バスの運休などの措置がとられた。7日9時の積雪は鳴門3cm、福原旭12cm... 続きを読む