寛政元年の地震

災害年月日
1789年05月10日
市町村
徳島県阿南市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
寛政元年(1789)4月16日、地震により、阿波富岡町で文殊院の本堂の壁が甚だしく損じ、秋葉山拝殿の壁も損ず。同町の町屋・土蔵にも損害があり、山崩れもあった。徳島県南部の沿岸地方でも家、蔵などが傷み、山崩れもあった。(宇佐美龍夫「新編日本被害地震総覧」による)鵠地区でも甚大な被害があったと思われる。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
鵠津波を語り継ぐ会編「地震津波体験の記録 恐怖の大津波」(鵠津波を語り継ぐ会、2003年)、65頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
地震 山崩れ 文殊院 新編日本被害地震総覧
NO.
徳島231

よく似た災害

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜九ツ下刻(午前0~1時)、大地震が起こった。福井の森家の「永代記」によると、所々堤防が破れ、川筋の水が濁り、所々で山崩... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、大地震があり、堤防の決壊があった。(「庄屋記録」による) 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、土佐、阿波、備前、備中、備後、因幡等に強震があり、家屋、塀、道路などに大きな被害があったが、この時は津波による被害はな... 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、大地震により、土壁や石垣など所々崩れた。(「北川文書」による)この時、近畿、四国、瀬戸内に広く被害あり。 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日夜9ツ時、名西郡、海部郡で大地震があり、田地ことごとく割れ、石垣崩れ、みぞことごとく崩れ、地震後4月18日まで住民は山林... 続きを読む