昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日の南海大震災により、県下は大被害を被った。特に浅川や牟岐町などをはじめ海部郡の下灘地方を襲った津波の被害は甚大で、200人余の死者を出すという惨状を呈した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
三好昭一郎「南海大地震と歴史研究の責務」(徳島地方史研究会編集委員会編「史窓 第27号」徳島地方史研究会、1997年、所収)、130-131頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 海部郡 津波 死者
NO.
徳島263

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)、南海地震津波が浅川を襲った。この時の津波資料は比較的残されており、津波の痕跡が現存し、また津波の目撃者もかなり生存している。そ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝発生した南海大地震により、本県は甚大被害を受けた。特に太平洋岸の浅川・鞆奥・宍喰は大津波により人家の被害が大きく... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が紀伊半島・四国沿岸を襲った。今後巨大地震が起きることが想定されており、津波に対する早急な対策が必要とされている。... 続きを読む