慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日未明、大地震。酉の上刻月の出の頃より大津浪入り来たり、土佐及び阿波にて溺死する者多し。海部郡宍喰町では大海三度鳴って海上凄まじく、逆浪頻りに起こりその高さ10丈、来ること7度100余人浪に打たれて海に沈む。(「阿波志」、「鞆浦大岩供養碑」、「宍喰浦旧記」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
海陽町鞆浦の大岩碑には慶長地震と宝永地震のことが記されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第4巻」(徳島県、1965年)、134頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 阿波志 鞆浦大岩供養碑 宍喰浦旧記
NO.
徳島272

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日未明、大地震。酉の上刻月の出の頃より大津浪入り来たり、土佐及び阿波にて溺死する者多し。海部郡宍喰町では大海三度鳴って海... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日未亥の刻、大海が三度鳴った後、大潮が繰り返し起こり、その高さは10丈(30m)に達した。7度に及ぶ大潮のため、男女10... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。鞆浦北町の大岩記には、亥の刻(午後10時)に大海三度鳴り、高さ10丈の逆浪が7度来たため、男女100... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む