昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分、紀伊半島沖で発生したM8.1の南海地震により、徳島県下の被害は死者202人、全壊家屋602戸、流失家屋413戸、半壊家屋914戸に及んだ。そのうち、沿岸部の被害はほとんどが津波によるものであった。この研究では、徳島県下で最も大きな被害を受け85人の死者を出した浅川について、昭和南海地震津波の実態調査を行い集落の浸水分布を明らかにするとともに、陸上における津波の流動特性を考察し、津波の危険度の評価を行っている。
地理院地図
Googleマップ
備考
海陽町浅川出張所前には震災後50年南海道地震津波史碑が建立されている。
参考画像

参考文献
村上仁士・島田富美男・細井由彦・見附敬三「徳島県浅川に遡上した1946年南海地震津波の挙動とその危険度の評価に関する研究」(自然災害学会編「自然災害科学Vol.4-2」自然災害学会、1985年、所収)12-26頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
昭和南海地震 津波 浅川 死者
NO.
徳島286

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震津波が来襲した。この津波による津波高は、1707年宝永地震津波や1854安政南海地震津波と比べて津波の規模が小さく、四... 続きを読む