慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(海部町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。鞆浦北町の大岩記には、亥の刻(午後10時)に大海三度鳴り、高さ10丈の逆浪が7度来たため、男女100余人が海に沈んだので、後世に伝える旨が記されている。また、宍喰町の大日寺に残された「慶長九年大変年代書記」には、宍喰で津波により死者が1,500人余に及んだことが記されている。
地理院地図
Googleマップ
備考
鞆浦の大岩碑には慶長地震と宝永地震のことが記されている。
参考画像

参考文献
木村昌三、小松勝記、岡村庄造著「歴史探訪 南海地震の碑を訪ねて」(毎日新聞高知支局、2002年)、36-37頁及び92頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 死者 石碑 慶長九年大変年代書記
NO.
徳島299

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)、大地震・大津波。鞆浦北町の路傍にある高さ1丈、径1.2~1.8丈の砂岩の碑文が刻まれている。碑文には、慶長9年12月16日亥の刻... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が発生し、阿波国は大きな被害を受けた。特に海部郡の被害は甚大であった。「鞆浦大岩の碑文」には、高さ10丈の津波が... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。慶長地震に関する海部郡の資料は、鞆浦大岩の碑文と宍喰浦旧記の二つが主なものである... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震が起こった。佐喜浜の談義所(今の大日寺)にいた僧侶暁印は、この時の見聞記録を残している。この「暁印の置文」による... 続きを読む