明治17年8月の洪水

災害年月日
1884年08月26日
市町村
徳島県石井町
災害種類
風水害  
概要
明治17年(1884)8月26日、洪水により、石井町の堤防が破堤し、79戸が流失した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省徳島工事事務編「四国三郎物語-吉野川の洪水遺跡を訪ねて」(建設省徳島工事事務所、1997年)、36頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 吉野川 堤防決壊
NO.
徳島6006

よく似た災害

明治29年8月の台風

明治29年(1896)8月30日の暴風雨で、阿讃山脈南斜面の降雨量は132ミリとなり、大谷川が氾濫、午前4時頃、現在の役場付近から南へ約540mの堤防... 続きを読む

明治29年9月の洪水

明治29年(1896)9月11日、大谷川で堤防120mが破れ、人家5戸が流失した。 続きを読む

明治35年の洪水

明治35年(1902)9月、洪水により鎌保庵東方の2戸の家が流され西の首の竹やぶにかかって止まった。この時、隣家4戸は流失した。また、東川原では24戸... 続きを読む

明治30年の洪水

明治30年(1897)9月の洪水時には、上板町高志で出水に気づかないで下六条水門を修理していたため320余mが破堤して13戸が流失、死者18人を数え、... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月26日、暴風雨により、江川は吉野川の増水で区別できなくなり、名西郡石井町高原の平島・関で破堤し、79戸が流失、20戸が倒壊し... 続きを読む