慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、大地震により、海部郡宍喰町で1,500余人が流死した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
毎日新聞社編「吉野川」(毎日新聞社、1960年)、106頁及び109頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 宍喰町 死者
NO.
徳島6299

よく似た災害

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、地震により、海部郡に海嘯が来襲した。慶長地震に関する海部郡の資料は、鞆浦大岩の碑文と宍喰浦旧記の二つが主なものである... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日未明、大地震。酉の上刻月の出の頃より大津浪入り来たり、土佐及び阿波にて溺死する者多し。海部郡宍喰町では大海三度鳴って海... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日未明、大地震。酉の上刻月の出の頃より大津浪入り来たり、土佐及び阿波にて溺死する者多し。海部郡宍喰町では大海三度鳴って海... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の2つの地震が発生した。津波は犬吠岬から九州に至る太平洋岸に押し寄せた。紀伊半島西岸の広村では戸数1,700... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、M7.9の2つの地震が発生した。津波は犬吠岬から九州に至る太平洋岸に押し寄せた。紀伊半島西岸の広村では戸数1,700... 続きを読む