宝暦6年の台風

災害年月日
1756年10月00日
市町村
徳島県吉野川市(鴨島町)
災害種類
風水害  
概要
宝暦6年(1756)9月、暴風雨。鴨島町牛島付近に「監物堤」が築かれたのはこの年であり、藍作農民の暴動五社宮事件がもくろまれたのもこの年であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
毎日新聞社編「吉野川」(毎日新聞社、1960年)、106頁及び117頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
台風 吉野川 監物堤 五社宮事件
NO.
徳島6308

よく似た災害

寛政4年の台風

寛政4年(1792)7月26日、暴風雨により、城内、北の天守が落ち、大杉多く倒れる。本丸の千貫松が倒れたのもこの時である。 続きを読む

昭和40年の台風

昭和40年(1965)9月10日、中心気圧950hpの台風が高知県安芸市に上陸し、北東に通り抜けた。徳島県の中央を速い速度で通ったため、県内では記録的... 続きを読む

宝暦12年の馬の洪水

宝暦12年(1762)8月、大雨洪水。特に福田村の被害大で字上庄で家12戸流失、死者15人、馬が多く流失したので、世に「馬の洪水」といった。「今流れ」... 続きを読む

宝暦12年の洪水

宝暦12年(1762)8月9日、大洪水が発生し、現在の岡地区集会所付近の被害が最も多く、死者15人、家屋流失12棟、田畑流失などの被害が出た。この年が... 続きを読む

天明2年の低温・長雨

天明2年(1782)、異常気象の年であった。県立図書館所蔵の古文書には「この年春夏陰冷霖雨し、諸国四分の減収を称え、西海道、特に南海、九州等大いに凶荒... 続きを読む