昭和40年の台風24号

災害年月日
1965年09月13日
市町村
徳島県
災害種類
風水害  
概要
昭和40年(1965)9月13日、台風24号により、貞光川(一宇川)が一宇村赤松で洪水となった。徳島市津田町では園瀬川が氾濫した。鳴門市大麻町では樋殿谷川が決壊した。被災写真3枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
四国の治水問題研究会編「四国の水害」(四国建設弘済会、1981年)、8-9頁
情報源の種類
写真集
キーワード
台風 一宇川 園瀬川 樋殿谷川決壊 写真
NO.
徳島7256

よく似た災害

昭和54年の台風20号

昭和54年(1979)10月、台風20号により、新居浜市では落神川・荷内川が、川之江市では宮川が氾濫した。写真3枚。 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月14日、台風24号により、桑野川が氾濫し、家屋が浸水した。写真2枚。 続きを読む

明治43年の水害

明治43年(1910)、宍喰川が氾濫し、中角堤(延長120間余)が決壊した。 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)、暴風雨により中山川が氾濫した。また、鞍瀬川が増水し、明河小学校の運動場が流失。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和58年9月1日の落雷

昭和58年(1983)9月1日、大気が不安定になり、各地で積乱雲が発達し発雷した。四国電力徳島支店の調べによると、16時29分頃、鳴門市大麻町で送電線... 続きを読む