昭和54年の土砂崩れ

災害年月日
1979年07月20日
市町村
愛媛県久万高原町(柳谷村)
災害種類
土砂災害  
概要
昭和54年(1979)7月20日、土砂崩れにより国道33号全面通行止め。写真3枚。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
わがふるさとの半世紀編集委員会「写真で綴る柳谷村史 わがふるさとの半世紀」(柳谷村、2004年)、201頁及び203頁
情報源の種類
写真集
キーワード
土砂崩れ 国道33号 写真
NO.
愛媛534

よく似た災害

昭和54年の土砂崩れ

昭和54年(1979)9月4日、土砂崩れのため、国道32号が南国市成合で全面通行止めとなったが、8日に片側通行。 続きを読む

平成5年10月の土砂崩れ

平成5年(1993)10月9日夜8時過ぎ、西宇の国道32号で土砂崩壊、全面通行止めとなる。11月8日に片側通行が可能となった。 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、土砂1万立米により全面通行止め。 続きを読む

昭和56年の土砂災害

昭和56年(1981)6月6日、国道56号の久礼坂で大崩壊があり、全面通行止めとなった(土砂1万立米)。 続きを読む

平成9年6月の土砂災害

平成9年(1997)6月23日、町内西峰の国道439号(1車線)が長さ約25mにわたって崩壊し、全面通行止めとなった。 続きを読む