昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月08日
市町村
愛媛県今治市(大三島町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日~13日の台風17号が、町内各地に被害をもたらした。被害額は4億7,700万円にのぼった。台海岸では護岸が約80m穂開始、付近の住家は高波をまともに受けた。また、御串山の阿奈波神社の本殿が山崩れのため全壊し、拝殿が半壊した。(「広報大三島」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大三島町誌編纂会編「大三島町誌 一般編」(大三島町、1988年)、1032-1033頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 台海岸 山崩れ
NO.
愛媛779

よく似た災害

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月25日~26日、台風15号により、関谷・大平木付近で水田が冠塩水するとともに、和田西小学校付近で国道と鉄道が被害を受けた。写... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月10日、台風17号が来襲した。1,000ミリ以上の降雨があり、罹災世帯数397世帯、罹災者1,382人で、被害は牟礼町全町に... 続きを読む

昭和25年の台風

昭和25年(1950)9月13日、台風が九州を北上し、海陸ともに大災害を受けた。 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号が佐賀町付近に上陸し、北上したため、高知市は高潮のため久万川が決壊氾濫して大水害を受けた。国道32号は3箇... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、浪多川が越水し、付近の住宅が浸水した。写真1枚。 続きを読む