享保9年の日照り

災害年月日
1724年06月00日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
享保9年(1724)5月、6月は日照りのため、道前五郡のうち200町歩余は植え付けができずに、味酒明神(阿沼美神社)と道後八幡(伊佐爾波神社)に二度の雨乞い祈祷が命じられた。(「御先祖由来記」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松山市史編集委員会編「松山市史 第2巻」(松山市、1993年)、262頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 味酒明神 道後八幡 祈祷 御先祖由来記
NO.
愛媛836

よく似た災害

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む

享保8年の干ばつ

image

享保8年(1723)5月~6月、前年末以来雨少なし、道後八幡社で雨乞い。諸郡より雨乞い踊り。(「松山叢談」による) 続きを読む

元禄6年の日照り

image

元禄6年(1693)4月から日照りが続く中、6月23日から慈雲寺の日栄と妙禅が法華経の読経、平田源治や平田家に仕える諸氏、大野原村内の組頭らが八幡宮に... 続きを読む

寛文3年の干ばつ

image

寛文3年(1663)7月、大山寺、久万で雨乞い踊り、道後八幡で雨乞い。(「松山叢談」による) 続きを読む

享保7年の大風雨

享保7年(1722)6月23日~24日、松山を中心に大風雨が襲来したため、大きな被害が出た。被害は田の川成・砂入・汐入・水押3,263町余、流家307... 続きを読む