明治9年の水論

災害年月日
1876年06月30日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
明治9年(1876)6月30日、干ばつのため下堰側が請求した大落水について、上堰北方がその執行を遅らせたため、下堰側の農民数百人が堰に集結して、堰を切り崩した。双方に負傷者が出た事態を収拾するため、巡査や戸長が仲介に入ったが解決されず、結局、7月7日に下流3ヶ村は愛媛県権令岩村高俊に解決を依頼した。愛媛県は調査した上で、上堰の北方村と下堰側の樋口・志津川・西岡3ヶ村に指示を出し、一応の政治的な解決をみたが、根本的な解決はなされなかった。
地理院地図
Googleマップ
備考
大落水とは、菖蒲堰の下堰側で用水が不足し、番水制度を実施してもなお満たされない場合に、上堰北方に請求して、分水の一部を受益するというものである。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1975年)、302-303頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 大落水 水論 重信川 菖蒲堰
NO.
愛媛911

よく似た災害

明治9年の水論

image

明治9年(1876)6月30日、干ばつのため下堰側が請求した大落水について、上堰北方がその執行を遅らせたため、下堰側の農民数百人が堰に集結して、堰を切... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)6月、干ばつにより重信川の流水が減少したため、菖蒲堰の上堰側は堰を二重にして慣行の禁止事項である土砂でせき止めた。このため、下堰側... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の上堰を利用していた北方村が堰を二重にするとともに、中世以来の禁止条項を破って土砂を用いて取水を始めた。用水が枯渇した下堰... 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、干ばつのため、菖蒲堰の上堰側は高い堰で流水をせき止めたため、下堰側と水論となった。郡役人が仲介に入ったが、十分に解決することがで... 続きを読む