寛文2年の地震

災害年月日
1662年10月31日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
寛文2年(1662)9月20日、M6.7の大地震により、山崩れがあった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、41頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地震 山崩れ
NO.
愛媛1302

よく似た災害

寛文2年の山崩れ

寛文2年(1662)9月20日、日向灘地震により、広見町で山崩れが発生した。 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)7月12日、M6.9の大地震により、崖崩れや家屋の倒壊があった。 続きを読む

寛文2年の地震

寛文2年(1662)夏、大地震により、高松城の乾櫓落ちる。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

寛文8年の地震

寛文8年(1668)夏、大地震により高松城の乾櫓落ちる。(「香川県政史年表」、「香川用水史」、白鳥町広報・資料による) 続きを読む

寛政元年の地震

寛政元年(1789)4月16日、地震により、阿波富岡町で文殊院の本堂の壁が甚だしく損じ、秋葉山拝殿の壁も損ず。同町の町屋・土蔵にも損害があり、山崩れも... 続きを読む