天保3年の干ばつ

災害年月日
1832年07月00日
市町村
愛媛県鬼北町(広見町)
災害種類
渇水  
概要
天保3年(1832)6月より85日間、大干ばつが続き、飢饉になった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
広見町誌編さん委員会編「広見町誌」(広見町、1985年)、42-43頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 飢饉
NO.
愛媛1316

よく似た災害

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)6月から7月にかけて、讃岐では大干ばつが続いた。 続きを読む

天保10年の干ばつ

天保10年(1839)、干ばつが69日間続いた。 続きを読む

享保10年の干ばつ

享保10年(1725)6月から8月まで大干ばつが続き、不作となった。 続きを読む

天保8年の干ばつ

天保8年(1837)夏、干ばつが続いたため、土瓶に井戸水を入れて稲の根元に給した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月25日~8月4日、大干ばつで、松山の降水量は41日間で20ミリであった。明治24年、25年、26年と干ばつが打ち続き、赤痢流... 続きを読む