昭和5年の干ばつ

災害年月日
1930年07月00日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
渇水  
概要
昭和5年(1930)7月初めから8月にかけて降雨がなく、稲は枯死状態になった。大森山頂で仏式の雨乞い祈願を行うなどしたが、雨は降らなかった。このため、城辺町長は、町内に4つの大井戸を掘り、モーターで汲み上げることと井手をつくる計画を立てた。この年には間に合わなかったが、これで灌漑用水の心配はなくなった。このため、昭和9年の大旱害の時にも、城辺町は被害を最小限にすることができた。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
城辺町誌編集委員会編「城辺町誌」(城辺町、1966年)、32頁及び202頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 雨乞い
NO.
愛媛1392

よく似た災害

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、西日本を襲った干ばつでは、城辺町は被害を最小限にすることができた。 続きを読む

昭和5年の干ばつ

昭和5年(1930)6月~9月、南宇和郡一帯は明治27年(1894)以来の大干ばつに見舞われた。特に城辺町の被害は甚大で、北裡以西の地域は田植えもでき... 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、100日に及ぶ干ばつがあり、百姓たちは袖乞いに出る者が多かった。庄屋兵頭新左衛門は民福を祈るため各浦に大乗妙典納塔を立てた。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)5月から8月頃にかけて、95日間も雨が降らず、凶作、飢饉となり、多くの村人が死んだ。岡田の大庄屋岡田久次郎は、岡田から8kmもある... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)5月から8月頃にかけて、95日間も雨が降らず、凶作、飢饉となり、多くの村人が死んだ。岡田の大庄屋岡田久次郎は、岡田から8kmもある... 続きを読む