天正13年の地震

災害年月日
1586年12月00日
市町村
愛媛県
災害種類
地震・津波  
概要
天正13年(1586)11月、大地震あり。(「新居郡誌」による) (註)天正13年11月29日の地震については大日本地震史料に記載されているが、震源は飛騨方面と思われ、伊予については引用史料はない。新居郡誌は他地方の地震でも相当広範囲、大規模なものについては「大地震あり」とする形跡が多く、考証不十分な引用かと思われる。この地震はその規模から見て伊予でも有感であったと考えられるが、「大地震」は誇大である。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、8頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 新居郡誌 大日本地震史料
NO.
愛媛1417

よく似た災害

天保12年の地震

image

天保12年(1841)9月20日、宇和島地震(M6)により、宇和島城の損壊が記録されているが、大洲城については被害の記録がない。しかし、二年後の天保1... 続きを読む

享保元年の地震

享保元年(1716)9月12日朝、強震あり。(「大日本地震史料(宇和島御記録抜書)」による) (註)この地震については、上記の他、宮地日記(土佐)に記... 続きを読む

天正14年の地震

天正14年(1587)、M7.9の大地震があった。文禄4年(1595)の「周敷郡吉田郷弘江村坪付帳」によると、塩入地6反、日焼地1町2反、荒地10町2... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日と5日連続して大地震が起こった。この地震については、元脇地の坂本家に伝わる「大地震洪波事記」が地震時や地震後の様子などを... 続きを読む

文化9年の地震

文化9年(1812)3月10日夜6ツ半時、伊予灘東部でM6.9の地震が発生した。「松山史要」によれば、3月10日より15日まで地震が起こり、損害が多か... 続きを読む