延宝6年の干ばつ

災害年月日
1678年00月00日
市町村
愛媛県今治市(菊間町)
災害種類
渇水  
概要
延宝6年(1678)夏、干ばつにより、万民は大いに苦しんだ。諸寺諸社で雨乞いが行われたものの効験がなかったが、野間の代官であった曾祖杢左衛門が斎戒沐浴して新衣を被り飲食を断って加茂の社に雨乞いしたところ、雲が起こり、雨が降り、その年は豊饒を得るに至った。(「松山叢談(宇佐美実記)」による)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、16頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 加茂神社 宇佐美杢左衛門 雨乞い 宇佐美実記
NO.
愛媛1430

よく似た災害

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)、大いに干す。菅原道真が斎戒沐浴して雨を城山の祠に祈ったところ、雨天となって民庶蘇生したという。(「香川県史(旧)」による) 続きを読む

延宝6年の干ばつ

image

延宝6年(1678)、野間郡代官の吉田杢左衛門が加茂社で雨乞い。(「松山叢談」による) 続きを読む

明和4年の干ばつ

image

明和4年(1767)、干ばつのため、藩から水主神社に雨乞いの要請があった。6月7日から修行を始めたところ、7日夜に早速大雨が降り、翌日から植え付けがで... 続きを読む

寛文8年の干ばつ

寛文8年(1668)夏大日照り、安原百々渕に雨乞いをして3日目に雨が降った。(「高松市史年表」による) 続きを読む

明治6年の干ばつ

image

明治6年(1873)6月、9ヶ村雨乞い。7月、12郡雨乞い。(「加茂社記」による) 続きを読む