明和8年の干ばつ

災害年月日
1771年00月00日
市町村
愛媛県砥部町、松山市
災害種類
渇水  
概要
明和8年(1771)、大干ばつの時、麻生村の市の井手で外5ヶ村と水論に及び、即死2人、負傷者多し。(「伊予温故録」による)/明和8年、大いに旱して、田畑作枯れ。(「大洲旧記」による)大いに旱す。(「日本気象史料(東宇和郡沿革史)」による)
地理院地図
Googleマップ
備考
兵右衛門は砥部町八倉雲雀山中腹の衣更着神社に祀られ、八倉公民館裏には兵右衛門の墓がある。
参考画像

参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、38頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 明和水論 死者 伊予温故録 大洲旧記
NO.
愛媛1447

よく似た災害

治暦2年の干ばつ

治暦2年(1066)、大いに旱す、雨を祈る験なし。(「伊予温故録」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)6月、大いに旱。(「大洲旧記」による) 続きを読む

治暦2年の干ばつ

image

治暦2年(1066)、大いに旱す。永凱が三島神社に祈ると、忽ち潤雨となり、稲が成長し、士民大いに悦んだ。(「伊予温故録(三島縁起)」による) 続きを読む

明和8年の干ばつ

明和8年(1771)、干ばつ。(「伊予温故録」による) 続きを読む

貞享2年12月10日の地震

貞享2年(1685)12月10日、安芸の地大いに震い、伊予にも被害あり。(「大日本地震史料」による)/地震い、各地で被害多し。時々道後温泉黄濁す。(「... 続きを読む