文政3年の干ばつ

災害年月日
1820年00月00日
市町村
愛媛県
災害種類
渇水  
概要
文政3年(1820)夏、旱損、松山領内で11万石。(「日本気象史料(松山市史)」による) (註)文政6年の記事内容と一致するので、松山市史の誤記であろう。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
神原健編「愛媛県気象史料」(愛媛県総務部広報文化課、1952年)、47頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 日本気象史料 松山市史
NO.
愛媛1458

よく似た災害

文政3年の干ばつ

文政3年(1820)夏、旱。損松山領内にて11万石。(「松山市史」による) 続きを読む

文政6年の水論

文政6年(1823)、松山領森松の百姓と大洲領麻生村の百姓が重信川原で水論。(「松山市史料集」、「松山市史」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

元禄9年の干ばつ

元禄9年(1696)夏大干ばつ、秋暴風雨、諸国大いに飢ゆ。(「新居郡誌」による)/夏季干ばつ。(「伊予風水害小史(宇和島吉田両藩誌)」による) (註)... 続きを読む

延宝6年7月10日の風雨

延宝6年(1678)7月10日、大風雨。(「日本気象史料(南予史)」による) (註)唯一の史料にして記事が簡単。同年7月18日の誤記ではないか。 続きを読む

文政4年7月の洪水

文政4年(1821)7月、洪水、水層24尺。(「伊予風水害小史(大洲藩譜)」による)/8月1日、肱川で出水、大洲で水位24尺。(「大洲警察署記録」によ... 続きを読む