明治9年の水論

災害年月日
1876年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町、川内町)
災害種類
渇水  
概要
明治9年(1876)、菖蒲堰の大落水で、北方村と樋口・志津川・西岡の3村が水論、双方に負傷者が出る。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(上)」(高須賀康生編「伊豫史談 第317号」伊豫史談会、2000年、所収)、35頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水論 菖蒲堰 大落水 重信町誌
NO.
愛媛1528

よく似た災害

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の大落水をめぐり、北方村と樋口・志津川・西岡の3ヶ村で水論があり、双方に負傷者が出た。愛媛県の仲裁を仰いだ。(東温市の水利... 続きを読む

昭和9年の水論

昭和9年(1934)、温泉郡見奈良と畑川、樋口と志津川・西岡、北野田と高井が水論。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

明治8年の水論

明治8年(1875)、杜若(かきつばた)泉で井門村と中川原村が水論。(「松前町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰で水論。(「重信町誌」、「川内町新誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

大正13年の水論

大正13年(1924)、南吉井の牛渕・田窪で水論。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む