昭和58年の干ばつ

災害年月日
1983年07月21日
市町村
愛媛県松山市
災害種類
渇水  
概要
昭和58年(1983)7月21日から9月27日に台風10号による30ミリの降雨を見るまで、およそ2か月間干天が続き、あらゆる農作物の生育が遅れ、品質が低下し、価格の低迷の要因となった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
湯山誌稿「第二巻」編集委員会編「湯山誌稿」(湯山公民館・みんなでつくる住みよい湯山地区委員会、1987年)、15頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1740

よく似た災害

大正3年の干ばつ

大正3年(1914)7月14日~8月21日、干ばつで暑い晴天が続き、降水量は20ミリと僅少で、農作物の被害が多かった。 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月~8月、70日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治16年の干ばつ

明治16年(1883)7月~9月、58日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治23年の干ばつ

明治23年(1890)7月~8月、60日間干天が続き、農作物の被害が甚大であった。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

大正6年の干ばつ

大正6年(1917)6月~8月、干天が続き(空梅雨で、7月は降雨2日間)、、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む