嘉永5年の干ばつ

災害年月日
1852年06月29日
市町村
愛媛県今治市(朝倉村)
災害種類
渇水  
概要
嘉永5年(1852)5月12日より、大干ばつとなり、御用所より朝倉村古谷の多伎(たき)神社に祈祷が仰せ付けられ祈祷したところ、大雨となったことが記録されている。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
参考文献
愛媛県土地改良事業団体連合会編「愛媛の土地改良史」(愛媛県、1986年)、558-559頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 多伎神社 雨乞い
NO.
愛媛1828

よく似た災害

享保9年の干ばつ

image

享保9年(1724)5月、6月、旱す。道前郡のうち200町余が植え付けできず、道後八幡で両度雨乞いを仰せ付けられ、降雨があった。(「松山叢談(御先祖由... 続きを読む

安政2年の干ばつ

安政2年(1855)6月、大干ばつのため郡代尻役所より雨乞いをするよう仰せ付けられる。(「敷太家記録」による) 続きを読む

寛永2年の地震

image

寛永2年(1625)3月18日、地震により泉脈が塞がったため、松山城主蒲生忠知が命じて湯神社に祈祷したところ、後に旧の如く湧出した。(「伊予温故録(温... 続きを読む

嘉永3年の風雨

嘉永3年(1850)8月2日昼時分から3日4ツ杉まで大風雨となり、ところどころの山々、谷は大損となった。当村から下郡、上郡も大損となっている。(「教法... 続きを読む

嘉永5年の干ばつ

嘉永5年(1852)夏、干ばつにより、稲作皆無のところ多し。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む