平成11年の台風16号

災害年月日
1999年09月15日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成11年(1999)9月15日午後3時頃、台風16号が宇和島市に上陸し、四国地方を縦断するように通過し、午後10時半頃に近畿地方に抜けた。台風の接近に伴い、15日未明から正午頃にかけて愛媛県内に激しい雨が降り、総降水量は多い所で300ミリを超え、1時間降水量は100ミリを超えた。このため、川内町を流下する重信川支流の表川・井内川・本谷川流域で184箇所の崩壊が発生した。崩壊した土砂の多くは土石流となったが、砂防施設の効果により、民家が密集している下流域の被害はほとんどなかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁及び58頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 大雨 土砂災害 重信川 砂防施設の効果
NO.
愛媛1928

よく似た災害

平成13年の豪雨

平成13年(2001)6月19日、梅雨前線による豪雨のため、松山で1時間降水量が40ミリを超える雨が数時間続き、総降水量が262ミリに達した。このため... 続きを読む

平成15年の台風10号

平成15年(2003)8月8日午後9時30分、台風10号が室戸市付近に上陸した。8日、台風の接近に伴い高知県西部では暴風とともに1時間降水量60ミリを... 続きを読む

平成5年の台風5号

平成5年(1993)7月26日~28日、県中部を中心に各地で時間雨量60ミリを超える豪雨。梼原の総降雨量は427ミリ。 続きを読む

平成元年の台風6号

平成元年(1989)6月22日~24日、台風6号により、総降水量の最大値は神山町旭丸で179ミリ、日降水量の最大値は東祖谷山村京上で24日に118ミリ... 続きを読む

平成元年の台風11号

平成元年(1989)7月26日~28日、台風11号により、総降水量は木頭で358ミリ、神山町旭丸で309ミリ、上勝町福原旭で266ミリを観測した。また... 続きを読む