平成13年の豪雨

災害年月日
2001年06月19日
市町村
愛媛県重信川流域
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成13年(2001)6月19日、梅雨前線による豪雨のため、松山で1時間降水量が40ミリを超える雨が数時間続き、総降水量が262ミリに達した。このため、花崗岩の風化したマサ土地帯で多数の斜面崩壊や土石流が発生した。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
豪雨 梅雨前線 土砂災害
NO.
愛媛1929

よく似た災害

平成13年の豪雨

平成13年(2001)6月、梅雨前線により、松山市で連続雨量250ミリに達し、豪雨災害が発生した。被害は死者1人、全壊2戸に及んだ。松山市北東部の柑橘... 続きを読む

明治34年6月の豪雨

明治34年(1901)6月30日、県下全般に総降水量が200~300ミリに達し、水害を受けた。 続きを読む

平成10年の高知豪雨災害

平成10年(1998)9月24日~25日、秋雨前線による集中豪雨のため、高知市では1時間降水量129.5ミリ、日降水量628.5ミリの観測史上最高を記... 続きを読む

平成11年6月の豪雨

平成11年(1999)6月28日夕方から、四国付近に停滞した梅雨前線により、高知県では雨が降り始め、29日朝から夕方にかけて中部を中心に激しい雨となっ... 続きを読む

平成元年の台風22号

平成元年(1989)9月19日、台風22号が鹿児島県大隅半島に上陸後、四国沖を通過し、大雨、竜巻となった。総降水量は成就社で160ミリ、三崎で150ミ... 続きを読む