安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
愛媛県新居浜市(別子山村)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、新居浜市の別子山村では地震直後から坑内で湧水があり、しばらく採鉱できなかった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
岡本敦・岩男忠明・中山正一・井上公夫・小川洋「四国山地の江戸時代以降における土砂災害の分布とその特性」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.53」砂防学会、2004年、所収)、310-311頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 別子銅山 湧水
NO.
愛媛1948

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七つ時(午後4時頃)、大地震が起こり、しばらくして大津波があった。この時は、宝永地震の津波に懲り、地震が始まると同時に、... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日昼7ツ時大地震があり、その上大津波により、御城下、御家中、町内で潰家数軒あり、怪我人も少々出た。当浦にも津波が来て、3、... 続きを読む

安政元年の南海地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、佐川地方の虚空蔵山(こくぞうさん)で頂上の光岩が裂けたと言われているが、現地調査では確認で... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月4日、東海・東山・南海の諸道で大地震があり、津波も大きかった。倒壊・流失家屋は8,300戸、焼失300戸、死者1,000人を... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、5日の両日、宇摩地方は大地震に襲われる。翌7日、大地震が発生し、別子銅山では坑内から一斉に出水し、湧水が止まらず、甚大... 続きを読む