宝暦12年の干ばつ

災害年月日
1762年00月00日
市町村
香川県仲多度郡
災害種類
渇水  
概要
宝暦12年(1762)夏、大旱。6月、松平頼恭が高松藩に帰ると、農民の困苦を察し、大護寺の住僧栄寿に命じて雨乞いを行うとともに、宰臣肥田政朝を遣わして藩侯自筆の願文を納めた。6月26日に洪雨あり。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
香川県仲多度郡編「仲多度郡史」(臨川書店、1918年)、166頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 松平頼恭 大護寺 雨乞い
NO.
香川165

よく似た災害

昭和48年の干ばつ

image

昭和48年(1973)、7月から8月中旬までほとんど雨がないという異常気象となった。高松市では7月13日に第一次給水制限、21日に第二次給水制限、8月... 続きを読む

文政6年の干ばつ

文政6年(1823)5月初めから照り出し、15日に田の植え付け5分通り終わり、あとは降雨待ちとなる。18日辰の刻から大川神社で郡の雨乞い祈願を行う。天... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)6月30日~9月9日の72日間の雨量はわずか36.4ミリで、水稲成育に障害をきたした。7月下旬には県下各地のため池の貯水は極度に... 続きを読む

寛永3年の風雨・干ばつ

寛永3年(1626)4月、大風雨となり、その後、7月に至るまで雨がなく干ばつとなった。稲は枯死し、人々は飢餓に瀕した。この後、西嶋八兵衛は藩命を受けて... 続きを読む

文化12年の干ばつ

文化12年(1815)、干ばつにつき、6月25日に野村組22か村、雲千人踊を行う。 続きを読む