明治19年の豪雨

災害年月日
1886年08月20日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  
概要
明治19年(1886)8月20日より21日にかけて豪雨により大出水となった。八田堰、鎌田堰の築造後すでに200年余を経過し、仁淀川の川底が著しく上昇したため、今までの堤防、樋門では洪水を食い止められず、日下、加茂500haは浸水した。最高水位は樋門の基盤(標高12.98m)より11.60mに及び、日下川流域で未曽有の大水害となった。この逆流の水勢は江尻樋門の扉を遠く小村神社前まで押し流した。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
続・日高村史編纂委員会編「続 日高村史」(日高村教育委員会、2013年)、126頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 洪水 仁淀川 日下川 江尻
NO.
高知5534

よく似た災害

明治34年7月の豪雨

明治34年(1901)7月14日、豪雨により、雨量275ミリを記録。肱川流域で特に水害多し。(「愛媛県史」による) 続きを読む

天明8年の豪雨

天明8年(1788)7月22日~25日、豪雨により、野根川流域で洪水。 続きを読む

大正4年の豪雨

大正4年(1915)6月25日、肱川流域で200ミリ以上の降水があったが、被害の詳細は不明。 続きを読む

明治36年7月の豪雨

明治36年(1903)7月8日、豪雨により、雨量150ミリを記録。肱川流域に水害。(「愛媛県史」による) 続きを読む

昭和47年の豪雨

昭和47年(1972)7月5日、梅雨前線豪雨により、深渕上流12時間雨量は349ミリ、深渕地点流量は約4,400立米/秒(戦後第2位)となった。下流部... 続きを読む