昭和45年9月の集中豪雨

災害年月日
1970年09月21日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  
概要
昭和45年(1970)9月21日、須崎市を中心に局地的な集中豪雨となった。須崎市の雨量は210ミリとなり、床上浸水30戸、床下浸水370戸の被害が出たほか、国道56号が大間で冠水し、通行不能となった。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史 平成26年編」(須崎市、2015年)、243頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 国道56号 通行不能
NO.
高知5552

よく似た災害

昭和41年8月の大雨

昭和41年(1966)8月、台風13号(12~16日)、熱帯低気圧(17~21日)、台風15号(22~25日)の連鎖によって2週間連続の大雨となった。... 続きを読む

昭和47年の集中豪雨

昭和47年(1972)6月7日、梅雨前線に伴う集中豪雨で、須崎市で床上浸水18戸、床下浸水168戸などの被害が出た。特に押岡では数十年ぶりの大洪水とな... 続きを読む

昭和40年の集中豪雨

昭和40年(1965)9月10日、集中豪雨により、森庄川沿いの30数戸が床上・床下浸水し、田畑の冠水、2つの橋の流失などの被害が出た。 続きを読む

昭和45年7月の大雨

昭和45年(1970)7月8日、梅雨前線上を低気圧が通過し、県中部で豪雨となった。須崎市の雨量は276ミリに達し、床下浸水10戸の被害が出た。 続きを読む

昭和36年10月の集中豪雨

昭和36年(1961)10月26日~27日の集中豪雨のため、室生峠が土砂で埋没し、内海町西村地区の各所では山崩れ・地崩れ、安田では三五郎池の決壊等によ... 続きを読む